楽しく健康に生きるコツ

対人恐怖症、強迫性障害

 

私の精神的な病気についての体験談
私は、いくつかの精神的な病気を患っています。その症状や治療について体験談を書いてみます。
小さい頃から周囲の人とうまくコミュニケーションがとれず、極度の人見知りでした。

 

そのストレスのせいか、対人恐怖症、強迫性障害、うつ病などの病気を、幼少期から大学生の頃にかけて次々と発症しました。
それでも高校生のときまでは症状はさほど強くなかったため、自分では神経質なだけと思っていて、病気という認識はありませんでした。

 

しかし大学進学後、症状が急激に悪化しました。慣れない環境での一人暮らしが負担になったのだと思います。まつ毛育毛剤人気

 

大した理由もなく涙が出て何時間も泣き続けたり、些細なことで突然ひどく腹が立ったりするなど、精神状態が不安定になりました。
また、歯磨きが3時間もやめられない、戸締りを10回以上確認しないと外出や就寝ができないなど、強迫性障害の症状も強くなりました。

 

さすがにこれはおかしいと思い精神科を受診したのですが、症状は改善しませんでした。
処方された薬が合わなかったようで、そう状態になったり、妄想や幻覚が現れるなど、かえって悪化してしまいました。

 

薬の副作用で肝機能障害なども起きました。それで薬を何度も替えてもらったのですが、合う薬は見つかりませんでした。
その病院には2年ほど通いましたが症状は良くならず、医師の態度にも疑問を感じる点があったため、病院を替えることにしました。

 

しかし現在の病院に通うようになってからも、症状は改善していません。
体質的に副作用が出やすいらしく、軽い抗不安薬を飲んだだけでもめまいや吐き気が起きるので、薬による治療は難しいようです。レビトラジェネリック

 

医師からはカウンセリングによる治療を勧められていますが、対人恐怖が強く、月1回通院して医師に会い診察を受けるだけでもかなり苦痛なので、
それに加えてカウンセラーにも会わなくてはならないというのは非常に不安です。

 

それでカウンセリングを受ける踏ん切りがつかないのですが、さりとて今の状態では日常生活にも支障があるので、
どうしたらいいかとても困っているというのが現在の状況です。

 

現代の頸椎ヘルニアの傾向について

 

昔は布団の上げ下ろしをする旅館の従業員や、力仕事に就労している方々に多かった頸椎ヘルニアですが、最近急に患者数が増えているといわれています。
原因は、PCを使ったデスクワークの増加だといわれています。

 

頸椎ヘルニアとは、頸椎椎間板が正しい位置からずれ込んで、延髄を圧迫し、痛み、手足のしびれ、肩こりなどを発症する疾患のことを指します。
現代において患者数が増えているのは、PC作業ですが、長時間の座位で視線がモニター画面に固定された状態でタイピングを継続することにより引き起こされます。
殆どの業務がPCで行われる中、骨格や動きの習慣により、発症に個人差が大きく出ています。
診療科目は、領域としては脳外科ですが、患部を扱うのは整形外科になるので、通常は整形外科を受診します。ピル副作用

 

検査はレントゲンやMRIにて行われます。
治療は、頸椎カラーによる固定、薬物による対処療法、症状軽減目的の物理療法、痛みが強い場合は神経ブロック注射、そして手術があります。

 

頸椎の神経は、一度損傷すると、神経機能の回復が難しいため、手足に麻痺が出た場合は、神経が壊死する前に早めに手術を行います。
逆に頸椎の痛みのみの症状の場合は、複雑な首の手術のリスクを考えると温存療法で経過観察をします。

 

その場合、痛みをかばって首に運動障害が出てしまっている場合は頸椎カラーなどで短期間固定します。
動きによる痛みを避け、首の筋肉を一休みさせ、正常な運動機能を取り戻します。頸椎カラーは健康な筋肉も衰えるので、
固定する日数は医師の指示をしっかり守ります。

 

この間、痛みを軽減させるために、薬物療法を行います。痛み止めを飲み、痛みを軽減させますが、長期にわたる場合、ペインクリニックでの簡単な麻酔を定期的に受けることもできます。

 

いずれも回復するまでのQOLを目的としたものなので、症状を長期化させないための安静保持と無理な運動の制限は患者が自己管理なしに麻酔に頼り続けるのは賢明ではありません。プロペシア通販

 

最後に物理療法です。機械による温熱療法は良いものとされていますが、頸椎牽引については牽引方法による効果に個人差が大きく、一般的な治療としては賛否両論があるといわれています。

 

医師の指示に従い、無理をせず患部を大切にすることが求められます。

市町村の健康診断で病気を早期発見

 

企業に勤めておられる方は1年に1回、健康診断がありますが自営業者の方や会社で健康診断を受けられない方や主婦の方々は全国の各市町村や都道府県が行っている健康診断で格安で病気を早期発見しましょう。

 

健康診断の種類や料金、診断を受けられる年齢は市町村で違いますが私が住んでいる大阪市の行っている各種健康診断を紹介したいと思います。

 

胃がんや大腸がん、肺がん、子宮頸がん、乳がんなどのがん検診や結核や肝炎ウイルス、歯周病の検診を40歳以上などの年齢条件がありますが数百円から1500円の費用で受診することが出来ます。

 

また大阪市の国民健康保険に加入していれば無料で血液検査・尿検査、血圧測定、医師による診察などを行ってもらえる「特定健康診査」と検査結果に基づいて医師、保健師、管理栄養士などから生活習慣の改善のための指導が受けられる「特定保健指導」を受けることが出来ます。

 

また75歳以上の後期高齢者医療制度の被保険者を対象に無料で健康診断を行っている自治体がほとんです。

 

各市町村の保健所や保健センターなどで保健師さんに無料で健康や医療に関する相談を行っていますので何か不安なことや、わからないことがあれば相談されてみてはいかがでしょうか。

 

体だけでなく様々な精神疾患も早期発見が大事なので各市町村や都道府県で「こころの健康センター」や電話での「こころの健康相談ダイヤル」もあるのですが行政が実施している事業なのでたいていの自治体は平日の朝から夕方までしか開設していません。

 

だれかに話を聞いてもらいたくても土日・祝日は行政の「こころの相談」は受け付けてないので相談したいときに相談できないので各自治体にはなんとか365日、「こころの相談」を受け付けてもらいたいです。

 

毎日忙しくて健康診断に行く時間がなかなか取れないと思いますがどんな病気でも早期発見・早期治療が大事なので自治体が行っている各種健康診断を格安の料金で受けて健康を維持して豊かな人生をお過ごしください。

 

少子高齢化で社会保障制度の屋台骨がぐらついています。
とりわけ高齢者への過度の負担が問題視されています。

 

僕自身も中高年といわれる年齢にさしかかるとともに若い時と比べ、身体に不具合が生じることもしばしばです。
眼精疲労が辛かったり、肩こりがひどかったり。時折、保険診療の接骨院などに通院することも少なくありません。

 

しかし、僕自身が不健康だという認識は全くありません。
それでも辛い肩こりがある時など通院することで随分と精神的に癒されることはあるようです。

 

僕自身が高齢者の入口にさしかかって初めて、お年寄りが病院通いする気持ちがすこし理解できるようになったのかもしれません。
現在、国を挙げて医療費の削減に努力をしています。

 

そう考えるとこれからの年寄(僕は50歳を少し過ぎたばかりですが)は少々の痛みならば医者にかからず別な方法で緩和すべきなのではと考えます。
例えば、50肩と診断される筋肉痛なんかの場合の多くが運動不足からくる筋肉の衰えが原因だと言われています。

 

原因が究明されているのなら、その対策を考えれば良いのではないでしょうか。
自ら、ストレッチや筋トレを行うことで医療費削減の一端を担うことが出来るならば、そうすることが望ましいのです。

 

もし国民の一人一人が、そんな気持ちになってくれたら大幅に医療費が削減できるのではないかと思います。
しかし、医療機関やメヂアも決してそのようなキャンペーンを声高くしているわけではありません。当たり前ですよね。

 

皆お国の財政状態よりも先ず個人の生活があるからだと思います。アメリカではオバマ大統領が国民皆保険を提唱し続けています。
そして有難いことに日本では、この制度が行き渡っています。アフターピル値段

 

当然のことながら、本当に高度な医療技術を必要とする人には医療保険は必要だと思います。

 

そして医療の助けが本当に必要な人には惜しむことなく施すのが良いと思います。反対に、自然治癒できるものに関しては「保険適応外」とするのも一つの案だと僕は考えたりするのです。保険医療漬けにすることで、日本人の自然治癒力が増々低下するのではないかと危惧いたします。

近年では高齢者がアクティブに活躍するケースが多くのところで見受けられているのではないかと考えられています。
また、世界でもトップクラスの寿命を誇る国として、日本が多くの地域の人々に認識されるようになりつつあります。

 

このようにして、世界的に見ても健康的な高齢者が数多く存在する背景には、医療的な面での確実なサポートがあると言えるのではないでしょうか。

 

多岐にわたる医療技術が年々進歩を続けていることが、高齢者の健康を保つ要因として最も大きく関連しているのではないかと考えられています。

 

こまめに行われる健康診断や様々な病気の罹患状況の調べる検診など、様々な面から高齢者の健康状態がチェックできるようになっています。シアリス通販

 

そのようなチェック体制が普く敷かれるようになった点が、数多くの健康的な高齢者の状態を維持する要因となっているのではないかと思います。

 

また、現在では様々なタイプの医療保険がサービスとして提供されるようになり始めているため、高齢者の健康を後押しする要素のひとつとなっているのではないでしょうか。

 

複数の生命保険会社などを中心として、それぞれのケースに応じて医療保険が提供されており、状況に応じて多くの高齢者が加入していると考えられています。

 

このような医療保険は病気やけがなどに確実に対応し、症状の度合いに応じて給付金を受け取ることが可能となっています。

 

また、入院や通院などをした場合でも、細かい条件設定のもとに給付金が支給される場合が多いため、それらの医療保険の加入者の人々から高い評価を得ているのではないかと思います。

 

今後はこのような医療保険が、これまで以上に充実していくのではないかと期待されています。

 

また、そのような動向が実際に見受けられた場合には、今までよりも高齢者の健康面を確実にサポートするようになっていくのではないかと考えられています。
医療技術や保険などが高齢者の健康を支援する状態は、しばらくの間継続していくのではないでしょうか。